就活情報ナビ TOP > 就職活動の基礎知識 > 事前に知っておけば怖くない!就職活動でやってしまいがちな失敗

事前に知っておけば怖くない!就職活動でやってしまいがちな失敗

事前に知っておけば怖くない!就職活動でやってしまいがちな失敗

初めての就職活動をされる方は不安に思う事や、よくわからないことがあると思います。

その為、失敗することも多くなりますが、事前に情報収集することで失敗を未然に防ぐことができます。

今回はそんな就職活動においてやってしまいがちな失敗を紹介することで、今後の就職活動に役立てて頂きたいと思っています。

では、実際に失敗例を紹介していきます。

応募する会社数が多すぎた

人によっては何社も何社も受ける人がいます。

決して悪いことと断定は出来ませんが、ここでは応募数が多すぎる事でのデメリットを挙げていきます。

応募する会社が多ければ多いほど、それに比例して交通費や履歴書の作成、企業研究などの時間と労力とお金がかかります。

結果的に受かってもいきたくないとこばかり受けて、例え合格したとしても、入社してすぐに辞めてしまう可能性も高いです。

入社してすぐの転職や再就職は不利になる事が多いので、いきたくない会社は出来るだけ省いておくと良いでしょう。

その分浮いた時間と労力を本命の会社に割くことで面接に受かりやすくなり、入社後のミスマッチもなくなることが期待できます。

企業の業績をチェックしていない

会社に入ってからの給料は会社の利益から支払われます。

業績の悪い会社ではボーナスのカットや有休がとれない、昇給が期待できないなど様々な障害があります。

事前に業績を調べておくことで、年収の高い企業に入ることが可能です。

また、給与体系も歩合給を採用しているところは具体的な条件も聞いておくと良いでしょう。

他社よりも歩合給が多く出やすい企業かどうかも着眼点の一つになります。

実際に入社したら社風があわなかった

悩み苦しむ男性
会社によっては体育会系の会社や礼儀に非常に厳しい会社、思想や社訓などを徹底的に刷り込ませる会社など様々な会社があります。

性格によっては、異常にハイテンションな会社の雰囲気についていけない人もいるでしょう。

また、経営者を崇拝しているような会社や会社内の飲み会が休日に頻繁にある会社もあります。

それらを把握しておくことも重要です。

会社内の雰囲気などは面接時にわかる会社もありますし、実際の職場見学をさせてもらえる会社もあります。

また、応募者に対する扱いや従業員に対する接し方などもみておくことで知ることが可能です。

以上、就職活動においての失敗と対策を紹介させて頂きました。

これを読んだ方が実際の就職活動に役立ててもらえたらと嬉しく思います。

就職活動は大切なものなので、しっかりじっくりと取り組んでいくと良い結果が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る