就活情報ナビ TOP > 就職活動の基礎知識 > 就職活動をスムーズに行う為に知っておくべき3つのステップ

就職活動をスムーズに行う為に知っておくべき3つのステップ

就職活動をスムーズに行う為に知っておくべき3つのステップ

ステップ1.行程表を作ろう

何を始めるにしても、最初に計画があるのと無いのでは大違いです。

就職活動は周りに流されて何となく始める・・・という方は大変多いのですが、しっかり意識してスタートラインに立ちましょう。

まず、誰でも思いつくことから考えましょう。

自分が将来、どんな職種・どんな会社で働きたいか?」ということです。

最初は漠然としていて大丈夫です。

思いつくことを何でもいいので紙に書いてみて下さい。

志望する業界・職種・企業が定まってくるはずです。

志望業界が決まったら、まず知るべきは「その業界の採用が本格化する時期」です。

その時期をひとまずのゴールとして設定し、そこから逆算してスケジュールを組んでいきます。

これも最初は大まかで大丈夫です。

自分の得手不得手や、学業との兼ね合いも考えつつ行います。

「SPIがよくわからないから、この時期には始めよう」、「この時期には合同説明会に参加しつつ、業界研究を始める」といった具合に組んでいきます。

時期が迫る程に説明会や選考会の具体的な日程が分かってきますので、スケジュールに落とし込み、徐々にかっちりとした行程表にしていきましょう。

形になったら、早速第一歩を踏み出しましょう。

就職活動中は選考の進み具合によって日々スケジュールが変動します。

初めのうちに時間を意識することで、時間の使い方がうまくなり、後々の流動的な状況にも難なくついていけるようになります。

ステップ2.場数を踏もう

就職活動はスポーツと一緒です。

本番の善し悪しは練習量が左右します。

ここで言う練習とは「志望業界以外の選考に挑戦しまくる」ことです。

「ステップ1で作った行程表の合間を全て埋めてやる」というぐらいの勢いで、日程・体力の許す限りエントリーしましょう。

この段階ではいくら失敗しても良いのです。とにかくエントリーシートを書きまくり、面接に臨みましょう。

そうしていく内に、「気付き」が出てきます。

書類選考に通ったエントリーシートの書き方」、「笑顔の作り方」といったことです。

忘れないうちに手帳やノートに書き込み、後々読み返せるようまとめましょう。

それぞれの選考における結果はどうあれ、個々のノウハウの蓄積は必ず次に活かすことが出来ます。

同時に、何よりも大切な「自信」が身に付きます。

第一志望の選考までに知識と度胸を最大限に高めることこそ重要なのです。

第一志望の面接には内定の1つや2つ引っ提げてから行こう」と言えるぐらい、図太くなってやりましょう。

目立つために奇をてらう必要はありません。
基本を徹底し、十分な場数を踏んだ就活生は、自然と目立ち、企業の目に留まるものです。

ステップ3.就職支援課に通い詰めよう

電話をして喜ぶ男性
昨今の就職活動は、言うまでもなく大手就活サイトに基づいたものです。

そのせいか、学生は一番身近な味方の存在を忘れてしまいがちです。

その味方とは「大学の就職支援課」です。

就職支援課に通うことの利点は3つあります。

最初に、就職支援課は平日ならば基本的に開かれています。

先輩や友人と勉強会を開き情報交換・面接の練習を行うという人もいます。

しかし段々とお互いのスケジュールが合わず、実現しない場合が多くなります。

そんな中でいつでも開かれている就職支援課の利点は一層大きくなります。

ステップ2で蓄積した成果を持ち込み、第三者の視点から見てもらいましょう。

更なるブラッシュアップのチャンスです。

次に、就職支援課には、就職サイトには求人を掲載していない地場の企業や、大学関連企業の情報が集まっています。

毎年就職支援課から求人を出している企業も多くあります。

長年の付き合いによって、就職支援課はそれらの企業の情報はかなり詳細なレベルまで把握しています。

また、それらの企業は同じ大学出身の社員も多い為、OB・OG訪問が行いやすいのもポイントです。

しっかりと熱意を見せれば、後輩の為ということで親身になる社員も多く、選考において重要な情報を得ることが出来ます。

最後に、当然のことですが、就職支援課の仕事とは「学生を就職させること」です。

学生の就職率がそのまま、彼らのその後の査定に影響します。

だからこそ、学生が困って尋ねてきたら全力でサポートをしてくれます。

助言してくれる先輩や友人とは、発言・指導に責任が伴ってくる点において大きな違いがあるのです。

是非、職員さんに嫌がられるくらい頻繁に顔を出しましょう。

職員さんからの太鼓判を貰うことが出来るようになったら、勝利は目前です。

以上、3つのステップで必勝法を説明してきました。

総じて言えることは「情報に踊らされてふらつくことなく、足元をしっかり見て、基本を忠実に行う」ということです。

真面目に、誠実に自分を高め、明るい未来を掴んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る