就活情報ナビ TOP > 就職活動の基礎知識 > ストレス無く就職活動を終える為の3つの心構え

ストレス無く就職活動を終える為の3つの心構え

ストレス無く就職活動を終える為の3つの心構え

就職活動がこれから始まる、または今すでに始まっている皆さん、先輩方の体験談やネットでの情報を見聞きして、就職活動は精神的負担が大きいと感じていませんか?

今まで経験してきた学校の入学試験やテストと違い、努力の結果が出づらいので落ち込んでしまったり、また自分の将来を決定する大きなタイミングであるという事で、相当なプレッシャーを感じる事が多いかと思います。

ここでは、ストレスを出来る限り少なくしながら就職活動を進める為の3つの心構えをご紹介します。

会社は人間と同じで相性がある

就職活動を始める際には、既に皆さんある程度自分の志望する企業、または分野が決まっていると思います。

ですが、その企業はどのようにして見つけましたか?

おそらく合同企業説明会や求人情報で見かけた企業、もしくは知人からの情報で見つけた企業なのではないでしょうか。

このままではその企業への片思いです。

なぜなら、企業側からの思いは別にあるかもしれないからです。

例えば、同じIT関連の企業でも、忍耐力を重視する会社、正確性を重視する会社、人間味を重視する会社、様々あります。

それでも「大企業だから」、「給料が良いから」、「イメージが良いから」と無理やり入社した所で、入ってから辛くなるのは自分です。

だからもし、一生懸命企業研究をして、何度も書き直したエントリーシートを提出して、面接で全ての力を出し切ったのに落ちてしまったとしても、決してあなたの能力が無いという訳では無いのです。

ただ単に、企業の好みとあなたの性格が合わなかっただけであって、決してあなたの努力が足りなかったとか、間違っていたという訳ではありません。

世の中には、大した努力をしなくても自分の事を好きになってくれる人もいます。

企業も同じなのです。

自分のやりたい職種は重視しなくて良い

「企画系の仕事をやりたい」、「営業で毎日汗を流して成績トップになりたい」など、就職したらやりたい仕事もあると思います。

もちろんエントリーシートには希望職種を書くべきですし、具体的なビジョンを持っていた方が、より就職後のイメージを持ちやすくなります。

しかし、例えば旅行会社だからと言って旅行の企画ばかりしている訳ではありませんし、銀行だからと言って窓口担当と営業担当しかいない訳ではありません。

どこの企業にも、総務・人事・経理といった部署が必ずあるのは皆さんイメージがつくかと思います。

しかし、それ以外にも、外から見えない部署というのは必ずあります。

例えば自動車販売会社で営業として入社した後「企画部」へ異動になり、そこで初めて出会った「チラシ・フリーペーパー作成」、「販促企画立案」の仕事の方が営業よりはるかに自分に向いていた、という事もあります。

保険会社に総務として入社した後「社会貢献部」へ異動になり、保険には全く携わっていないが地域の人と触れ合えて楽しいという事もあります。

どの企業にも、見えない部署というのは必ずあります。

一見自分のやりたい職種が無い企業のように見えたとしても、いざ入社してみると面白い仕事に出会えた、という可能性は大いにあります。

志望した職種に就けなかった、無かったという場合でも、決して落ち込まないでください。

仕事は「向いている・向いてない」ではなく「やるかやらないか」

困っている男性
性格診断テストなどで、「あなたの向いている職種はこれですよ」と言われた事はありませんか?

確かに人それぞれ性格は違いますし、それによって仕事の向き・不向きもあるかもしれません。

でも、考えてみてください。

世の中全ての人が自分の向いている仕事に就いていると思いますか?

もしそうだとしたら、世の中は成り立たなくなってしまうのではないでしょうか?

向いている仕事に就く、というのははっきり言って甘えです。

どんな仕事でも、必ず下積みはありますし、辛い事もあります。

それでも、しっかり一から勉強をし、経験を積んでいけば、どんな仕事だって成果が出ますし、楽しくなります。

逆に言えば、自分が向いてない、苦手だと思う仕事に就いてしまったとしても悲観する事は無いのです。

周りのみんなも同じゼロからのスタートです。

向いている仕事でも、向いていない仕事でも、やる事は一緒です。

しっかり勉強と経験を積んでいけば、やりがいと楽しさは感じられますし、それにともなって実績も残せるのです。

まとめ

確かに就職活動は人生において大変重要なものです。

しかし、それによって精神的に追い込まれたり、最悪の場合心の病にかかってしまったりしては元も子もありません。

ぜひこの記事を読んで、少しでも心に余裕を持って就職活動に臨んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る