就活情報ナビ TOP > 就職活動の基礎知識 > 抑えておきたい就活マナー

抑えておきたい就活マナー

抑えておきたい就活マナー

就職活動は相手企業とのコミュニケーションです。

そこにはもちろんマナーがあります。

身だしなみ、電話・メール・会話での言葉遣い、説明会・面接の対応など場面は様々です。

そんなマナーについて押さえておきたいことを紹介していきます。

まず外見を整えよう

整えるとは美男美女になるという意味ではありません。

清潔感を出すということです。

極端ですがきっちり固めた七三分けとボサボサのアフロヘアーで比べて清潔感があるのは?と問われれば前者を選ぶ人が大多数です。

そのように清潔感を意識して身だしなみを整えることが大事です。

ヘアスタイル

髪が乱れる会社員
茶髪でも暗いものであれば実はOKです。

しかし、染めるとどうしても地毛の黒との境目がそのうち出てきてプリン状態になります。

黒髪(地毛の色)で行くようにしましょう。

元々、地毛が茶色目の人がわざわざ黒にする必要はありません。

寝癖はNGです。

眉毛は細くし過ぎない。

髭は綺麗に剃る。

女性のメイクはナチュラルに。

濃すぎ、ノーメイクはNG。

スーツ

色は黒・紺・グレーが望ましい。

しわになっているところはしっかり伸ばす。

パンツの折り目がしっかりとつけられている。

ネクタイは第一ボタンを隠すイメージでしっかり締める。

コート

色は黒・紺・グレー・ベージュなど。

ベルトが着いているものはしっかり締める。

アクセサリー

基本的にアクセサリーはつけないほうが良い。

つけるのであればシンプルなもの。

時計は派手すぎないシンプルなものを選ぶ。

きちんと切って、先を丸く整える。

マニキュアは自然な色のものを選ぶ。

カバン

A4の書類が入るくらいの大きさの黒いもの。

置いたときに立たせやすいもので、ブランドものは避ける。

黒・茶などのダークカラー。

飾りは少なく、男性は紐靴が理想。

女性のパンプスはヒール4cm前後が見た目も機能も良い。

靴下・ストッキング

白い靴下はNG。ダークカラーで選ぶ。

ストッキングは肌に近い色。

言葉遣いには気を付けよう

言葉遣いで普段の生活の様子が伺えます。

完璧にするのは難しいです。

外国語を覚えるつもりで、そういう言語だとわりきることがポイントになります。

敬語も三種類あり、相手を上げて敬意を表す尊敬語。

自分がへりくだって敬意を表す謙譲語。ものの言い方を丁寧にする丁寧語があります。

それらをしっかりと使い分けをすることが大事です。

また、俗に言う若者言葉など間違った日本語は注意が必要です。

「○○の方(ほう)?」、「全然大丈夫」など普段過ごしていてよく聞く言葉だと思われますが、日本語としてはかなりおかしいです。

特に「○○の方(ほう)?」というのは、丁寧な言葉遣いと勘違いしている人がとても多いので、一切使わないぐらいの意識を持って望んでください。

方向を表現したい場合は「こちら」、「そちら」、「あちら」、「どちら」で充分です。

わざわざ「の方」をつける必要はありません。

また、特定の何かを指し示したい場合にも使われがちですがこれもNGです。

余談ですが昔、スニーカーを買いに行ったときに接客してくれた店員さんが「こちらのナイキの方のスニーカーの方は、お色の方が限定色の方となっていまして・・・」と「○○の方」という言葉にすごく頼っていましたが、受け手の私としては教養がない人なんだとしか思わなかったです。

言葉遣いには気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る