就活情報ナビ TOP > 就職活動の基礎知識 > 基本の就活ワードが分からない?避けるべきNGワード

基本の就活ワードが分からない?避けるべきNGワード

基本の就活ワードが分からない?避けるべきNGワード

挨拶・応対・面接等、就職活動中は相手方とのコミュニケーションです。

そこには使うべきでない言葉というものが存在します。

絶対ダメというわけではありません。

しかし、その言葉を発することで難しくなるものもあります。

今回はそのワードについての紹介です。

企業は学校ではない

「御社で成長したい!」

簡単に思いつくワードのひとつですが、これはNGワードです。

企業があなたに求めるのはあなたの成長ではありません。

企業が成長するならまだしも。似たものに「学びたい」もありますがもちろんNG。

言葉に発した瞬間にあなたに対する見方がワンランク落ちるほどのものと思って避けましょう。

恐らくこの言葉に対して「どのようなところであなたの成長に繋がると思いますか」など一応話を広げてはくれるはずですが、うまく答えられても評価が良くなるわけではありません。

将来を見すぎた返答はNG

「将来は起業を考えている!」

考えは立派です。

ですが「これまでの人生で何故起業しなかったのか?」という答えが返ってきます。

またこれからお世話になるかもしれない相手方に対して「そのうち辞める」とはっきり言うのも失礼です。

相手企業の考え方によってはNGとまではいかない場合もありますが、基本的に企業は社会貢献を行い、永続的な企業活動が必須です。

妨げになる「将来辞めることは決定事項」と捉えられてしまう言葉は避けたほうが良いでしょう。

「ずっと御社で働きたい」

「リストラしない企業で働きたい」

今度は辞めないことを明確にしたパターンですが実はこれも避けるべき。

何故なら現代的でない解答だからです。

こちらも考え方は立派です。

しかし、「ずっと御社で」というのは現代人にとっては嘘っぽい発言です。

また「リストラされたくない」というのはそもそもリストラが悪いものとして捉えるべきでないこと。

就職活動の目的が、「その企業で社会貢献したい」から「とにかく安定した働き口がほしい」とすり替わってしまっているのでNGです。

主観をさも客観的意見として発言しない

微笑む男性
「私はコミュニケーション能力が高いです」

コミュニケーション能力・協調性といったものを評価するのはあなたではありません。

あくまでその相手が決めるものです。

なので面接などを通してその点を企業が見ていくのです。

その段階にあるあなたが「協調性がある」といってしまってはいけません。

「どうしてそう思うのか」と質問はされるでしょうが、気にしているわけではありませんので注意。

「(具体的なデータがないのに)計算が速い・PCソフトを使うのが得意」

あくまでも自身の感覚で能力があると勘違いして答えるのはNGです。

この場合は明確にどのくらいのレベルかわかる資格などがあれば良いですが、ない場合は避けましょう。

例えば「エクセルは簡単な式なら問題ないです」と言ってしまうのは良くありません。

何を持って簡単とするか、企業の求めるレベルはどれくらいのものかもわかりません。

どうしてもPCソフトについて答えたいのであれば、具体的に使える式を口頭で答えられるようにするか、

「ビジネス能力検定」などを受験して明確な基準をこちらから提示しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る