就活情報ナビ TOP > エントリーシート > エントリーシートにもマナーがある!形式に沿った正しいESを完成させよう!

エントリーシートにもマナーがある!形式に沿った正しいESを完成させよう!

エントリーシートのマナー

就職活動をするときに、大事な要素の一つといえるエントリーシート。

読んでくれる人事担当者や面接官の人のために、わかりやすく読みやすく、充実した内容で書いていきたいものです。

その他にもマナーが大事です。

エントリーシートといっても、ビジネス文書の一つです。

出来るだけ誤解を与えないように、有能なビジネスマンになれる素質を備えているという印象を、面接官や人事担当者に与えていきたいものです。

エントリーシートには一定のマナーがあります。

マナーを守って加点することは出来ません。

しかし、マナーを守らなければ失格になってしまう事があります。

これが形式というものの怖さです。

いくら頑張ってエントリーシートを作っても、読んでもらうことができず、除外されてしまう事もあります。

そのようなことのないように、形式やマナーを守ったエントリーシートを作成しましょう。

黒か紺のポールペンか万年筆で書こう

エントリーシートを手書きで書く場合に、黒か紺で、ボールペンか万年筆で書くのが妥当です。

当たり前のことのように見えますが、特に女性の場合、自分の事をアピールしようとして、様々な色ペンを使ってしまう方がたまにいます。

中には紫や赤のペンを使って、一言書き添えたら受かった、なんておまじないのようなものまで出てきてしまう事も考えられます。

このような事に、いちいち惑わされないで下さい。

黒か紺で、万年筆かポールペンを使いましょう。

エントリーシートは、内定後も保管されます。

原本は保管されますが、コピーを取られる事もあります。

黒や紺で書いておけば、会社側がコピーをする時にも、問題なく文字が移ります。

他の色の場合や文字が映らない場合があったり、判別できなくなってしまったりするので、内定を取った後の会社の事務の事まで考えて、黒か紺で書くのが妥当といえます。

書き慣れていない現代人だからこそ丁寧な字が光る

セミナーを聞く学生
意外に出来ないのが丁寧な字で書く事です。

急に文字を上手に書く事は出来ません。

それでも丁寧に書く事出来ます。

いくら文字がうまくても、達筆では読めません。

出来るだけ楷書で、文字を崩さないで丁寧に書きましょう。

現代人は文字を書いていません。

インターネットの発達で、学生の多くが文字を書く機会が劇的に減りました。

その為、まともな字を書けない学生が急激に増えています。

丁寧な文章を書いてわかりやすくするだけで、他の学生にも一歩も二歩もリードする事も出来ます。

インターネット時代の現代だからこそ、丁寧な文字を書いただけで、光ってしまうという都合のいい状況があるのです。

意欲を高く見せる制限字数98%

エントリーシートには字数制限があります。

もちろん字数制限を1文字でもオーバーしたら失格になってしまいます。

書いてある事は絶対に守りましょう。

その一方で、最低何文字以上書いたらいいのかというと、9割以上は欲しい所です。

例えば500文字以内と指定されている時に、450文字以上は書いた方がよいでしょう。

出来る事なら、98%から99%まで埋めるのが理想です。

490文字から495文字くらいまで、ぎりぎりまで埋められれば最高です。

200文字や300文字しか書いてない場合、この学生は果たしてやる気があるのだろうか…という疑問を持たれてしまいます。

やる気や意欲がある事を見せる為にも、9割以上を、出来るなら98%以上を目指すのが、好感の持てるエントリーシートの書き方です。

万が一のための写真貼り付けのコツ

エントリーシートには写真を貼り付ける所もあります。

糊付けしても、剝がれてしまう場合もあります。

そんな時に写真の裏側には、氏名と大学名・学部名まで書いておきましょう。

そうすれば誰の写真かを簡単に特定できます。

会社がエントリーシートを整理している時に、写真が剥がれてしまう事があります。

そんな時、会社に余計な手間をかせさせないで、かゆいところに手の届く学生と印象付ける事も出来るかもしれません。

会社に迷惑をかけないで、細かいところに気配りすることも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る